全国アーティスト総合サイト

「3人の個性がしっかり出る様に」 エスクレッソン バンドインタビュー

2020/05/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サダ
面白い事大好き!埼玉にて音楽イベントも日々発信しております。 全国のアーティストのための総合サイト。Band-market 全国アーティストの物販やインタビュー記事を上げています From saitama/koshigaya/easygoings

都内や関東のみならず、各方面で活躍中のバンド「エスクレッソン」のインタビュー 現在配信リリース中の音源の話や、新ドラマー「ピッピ君」についての話を沢山お聞きしました!

まず最初に自己紹介をお願い致します。

吉田楓(以下楓):ハイ・・・!こんばんわエスクレッソンというバンドです・・・

これ皆さんどういう事いってるんですかね(笑)

エスクレッソンのBa、Voをやってます吉田楓といいます!

Gtのタナカケンタ(以下タナケン)です

Drのピッピです!(以下ピ)

よろしくお願い致します!

写真左からピッピ(Dr)、吉田楓(Ba.Vo)、タナカケンタ(Gt)

エスクレッソンの結成はいつ?

楓:一番初めは高校3年生の夏。2013年ですかね。

私とタナケンと当時のドラムが同じ軽音部だったんですけど、部内では活動せずに当時からライブハウスに出演してました。

バンドを組む前からよく3人でフェスとかライブとかに遊びに行ってて。

それで音楽の趣味とかが合いそうだなと思って。

タナケン:急に楓さんから俺とか前のDrに連絡きて、その時はあんまり想像できなかったんですけど、気付いたらバンドやってたって感じですかね。

最初の頃はカバーとかばっかりだったのでまさかこんなに活動するとは当時は思ってなかったですね。

途中からピッピくんが加入するわけだけど、

楓:前のDrが抜けてから今までいろんな人にサポートという形でDrを叩いてもらっていて、皆さんすごく素敵で素晴らしいドラムを叩いてくれていたんですが全部が一致するというか、メンバーになるにはどうかなって所で。

ピッピ君と始めてスタジオで合わせた時に、この子が入ってくれたらいいなって思いました!

ピッピ君の気持ちはどうだったの?

ピ:僕が前やってたバンドを辞めたタイミングで、エスクレッソンを紹介して頂いて。その後にたまたま見に行ったライブにお二人もいて、そこで色々話をさせてもらってたんです。僕がやりたい音楽と一致していたのですごく嬉しかったです。あれ?日本語おかしいですね(笑)

最初にサポートとしてやったライブの直後にはメンバーに入りたいです!って気付いたら言ってました。

タナケン:第一印象は人間的にもドラムプレイ的にも中々いないタイプで面白いなとおもってました。

初めてのスタジオ終わった後にバンドに入って貰えたらなって素直に思いました。

ただ俺らもそんなすぐ入る?って感じでビックリしましたけどね

俺らから入ってほしいって言うのはもうちょっと時間を置いてからにしようと思ってたんですけど、

初ライブの次の日に言われるとは。。

その日の打上が自分らだけ残ってて俺と楓さんめちゃくちゃ飲んじゃって、これやっちまったなと思ったんですけど、LINEで入りたいですってきてて。

逆になんで!?って思いました。(笑)

ドラムがいなかった期間が長かったので嬉しかったです。

ピ:打上も楽しかったんですね。

エスクレッソンの最新MV ″季節を数えた(Live ver.)″

メンバーのここが好き!ここが嫌い!

楓:タナケンの好きな所は、、、いつも私の作る曲にバッチリGtアレンジをつけてくれる所ですね。なんにも言ってないけど「そう!これこれ!」みたいな(笑)

あとデモを送った時に「いい曲だね!」って言ってくれる所

嫌いな所は最近時間にルーズなんですよね。昔は私の方が多かったんですけど

タナケン:そう、最近多いんですよ。練習にミニ遅刻みたいなの。すいません。って感じです(笑)

ピッピ君は一番若いのにしっかりしてる所と、若いバンドマンあるあるの「俺の演奏をみろー!」って言うのがあんまりなくて、しっかりVoを引き立ててくれるのがすごいなぁと思ってます。

嫌いな所はうーん。今の所はないですね。。

ピ:まだそんなに長い期間やってるわけじゃないんでそんなにわかってないんですけど。音楽ももちろん、お二人は人間性も素晴らしくて、言葉使いとかもキレイで、そこがホント素晴らしいなって思ってます。

やっぱり人間性が大事だとおもってるんですよ!

嫌いな所はもちろんないです!

タナケン:うーん。難しいんですけど。。俺が今バンドをやってく中でGtを弾くって事と曲を作るって事しかできてなくて、それ以外の事を2人がしっかりやってくれてるって感じで。

今までできないって勝手に諦めてた所はあるんですけど、最近はピッピ君が物販のデザインとかしてくれてるっていうのと

今RECしてるんですけど、楓さんはRECに使うからって言って急にピアノを買ってきてて、

弾けるのかな?って思ってたらそこもしっかり練習してきてて「すごいなっ」て思いました!

2人とも行動力がすごいんですよね。

嫌な所?うーんホントあんまりないんですけど、、強いて言うなら

ピッピ君って連絡つかない時があって(笑)下手したら1日連絡が返ってこない時があるんですよね(笑)既読すらつかないみたいな。

まぁちゃんとした連絡はしっかり返してくれるのでまぁそこは逆に憧れてる部分ではありますよね。携帯に依存してないというか(笑)

楓さんは物事を理解する思考が著しく低いってのはあるんですよ(笑)

一同:(笑)

話をしていても「あ~今これ意味わかってないんだろうな」って思う事はちょいちょいあるんですよね(笑)だからより簡単な言葉を使うようにはしてます(笑)

楓:今後成長するために難しい言葉も使ってほしい(笑)

タナカ:逆にね!そこは努力します(笑)

皆さん真剣に話をしてくれました!

同世代の話

地元ではエスクレッソン世代というか、同年代のバンドマンも多いですよね。

中には売れていったバンドだったり、それぞれの方面で頑張ってるバンドもいるその中で葛藤とかってあったりしたんですか?

楓:そうですね。一緒に対バンとかしてたバンドが大きなフェスとかに出てるのをみて、当時は私の中では置いて行かれた感もあったし焦りもあったんですけど、今はもっと冷静に見れてて自分達は自分達っていう風に考えれるようになりました。今も焦りはあるんですけど、空回りはしなくなったと思います!

タナケン:同年代の中でも僕らの地元はすごい色んなジャンルがいて、歌モノも居たし、ラウドもいたので、すごい面白かったし仲良かったんですよね。そのバンドと対バンしてたり、観てたりしてたから今の僕らがあるのかなと思います。役に立ってるというか実になっているというか。

その反面で僕らの世代はバンドやってていなくなっちゃう人もいて、その時はすごい悲しかったんですけど、また新たに復帰してライブやるっていう話もちょこちょこ上がっててペースは各々のペースで良いとおもってるんですけど、その中で僕らはずっと続けてやれてる事も良かったなぁと思いますね。

偶数月にやっている配信リリースの話

2月にたそがれる。4月にまばゆいをリリースしたエスクレッソンですが、そもそもなんで2か月に1回のリリースをしようとおもったのか?

そしてこれからの展開も教えてもらえたらなと。

楓:今年の1月にピッピくんが加入してくれたんですけど、その勢いそのままで新しいエスクレッソンを観て欲しい、聴いてほしい!っていうのが大きいと思います!みんなの目に映るように今年1年は動いて行ければっていう気持ちです。

どうしてもドラムがいなかった時は活動が止まったようにみられてたので、できるだけ発信していければっていう感じです。

タナケン:そもそもこの企画をやる前に2019年の夏から連続配信を考えてたんですけど、せっかくDrが決まったのでこのタイミングかなと思ったんです。

ある時期からめちゃくちゃライブをするっていうより、作品を多く出したい!っていう気持ちが大きくなってきてその気持ちもありますよね。

無理やり期限を決めた方が締切に追われる感じが自分の中ではあってるのかもですけど。

ピ:加入してすぐこういう活動ができるってなってすごい嬉しかったです。

バンドとしての活動がしっかりできているし、今の中々ライブ出来ない状況で配信というコンテンツでできるのはいいなと思っています。

2月に配信リリースした"たそがれる" 各ストリーミングサービスで配信中

エスクレッソンのここを観て欲しい!聴いて!

楓:私的には、一番に歌詞に注目してもらえたら嬉しいです。

実は曲作りの時も歌詞から作っていて、歌詞の自由度とか世界観とか。聴いて楽しんでもらえたらな。って思ってます

後、メンバーそれぞれの曲のアレンジとか結構キュンキュンポイントがいっぱいあるのでいっぱい聴いてくれた時に更に世界観とかわかってもらえるかな?って思ってます。

タナカ:昔は曲をかっこよくすることとかに意識し過ぎていて、今思えば歌とかボーカルの事とか考えれてなかったのかな?って思います。

今は意識が180度変わっていて最近は曲の柱がボーカルになってった感じはしますね。

3人で作ってるものなので、しっかりこの3人のメンバーでしかできない事だったりとか、自分のプレイの見せ場を作れれば、ていうか。

各々の良さを生かせたらいいなっていう曲作りを目指してます。

各々の良さがでるバンドにしていきたい

ピ:曲の事は2人が言ってくれたので、強いて言うなら3人の髪の長さに注目ってことですね。

タナケン:物販もピッピ君がデザインしてるんだからそこも注目ってことでいいよね。

今後やりたい事、夢

楓:夢はやっぱりもっと沢山の方に自分達の曲を聴いてもらいたいって事と、いつもお世話になってる人にエスクレッソンを日比谷野外音楽堂で観たいって言ってくれて、もちろん自分たちの為でもあるんですけど、その人の為にもやりたいって思いました。

タナカ:今やってる事がベースになってこれからも音楽をやっているんですけど、そのやってる事の全てが野外音楽堂なのかなって思ってまして、自分らのやりたい事を表現するのは30分だと短いなって思う事もあって。そういうロングステージでもできるようにやっていきたいです。

あとはちゃんと生活しつつ永遠に死ぬまでバンドをやりたいなと。やれるところまでやりたい。

ピッピ:僕も野外でやってみたいですね。フェスとかも出てみたいです!っていうのは昔からずっと思っています。

まとめ

緊急事態宣言中なこともあり、取材はビデオ通話で行われましたが、終始和気藹々の雰囲気でインタビューをさせて頂きました。エスクレッソンの雰囲気だったりとかをこのインタビューにて感じてもらえたら幸いです。

ヒトの夢の為にも、自分の夢の為にも、頑張ってるエスクレッソンを是非聴いてみてはいかがでしょうか?

もしかしたらあなたの夢も乗っけて走り続けてくれるかもしれません。

これからのエスクレッソンに要注目です!

サダ

エスクレッソンHP↓↓

https://escresson-kame.jimdofree.com/

この記事を書いている人 - WRITER -
サダ
面白い事大好き!埼玉にて音楽イベントも日々発信しております。 全国のアーティストのための総合サイト。Band-market 全国アーティストの物販やインタビュー記事を上げています From saitama/koshigaya/easygoings

Copyright© Band-market , 2020 All Rights Reserved.